サジェストプラスの使い方

サジェストプラスはサジェストキーワード取得機能の強化版です。

通常版との違い

  • より多くのサジェストキーワードが取得できる
  • 複数の検索エンジンのサジェストを並行して取得できる
  • 月間検索数を画面上で取得できる(CPC($)、競合性含む)
  • 検索結果キーワードの再調査メニューが豊富

サジェストキーワードのHIT数が多いものほど、より多くの隠れたキーワードを取得することができます。

検索例

検索キーワード 従来サジェスト(Google) サジェストプラス(Google) サジェストプラス(全て)
ラッコ 777 2710 5421
水族館 854 5301 11397
マッコウクジラ 519 780 1047
ラッコ鍋 144 159 360
ラッコ 水族館 132 145 374
ラッコ 北海道 29 32 211

※2022/09/13調査結果

また画面上から月間検索数(CPC($)/競合性含む)の取得を実行することもできるため、キーワード選定をより効率的に進めていただけます。

他の人が知らない穴場キーワードを見つけられるかも。
より多くのキーワードを効率的に精査することができるので、作業効率が上がります!

サジェストプラスで検索してみる

使用の流れ

STEP.1
キーワード検索
トップページの検索対象で「サジェストプラス」を選択して検索する
STEP.2
結果
数秒で結果が表示されます。(並行取得する検索エンジンの数による)
月間検索数取得(処理時間10秒前後/処理量により変動)、取得する検索エンジンの選択、検索結果キーワードの再調査メニューが豊富、コピー、CSVダウンロードなどの機能が備わっています。

結果画面の説明

①HITキーワード数

サジェストプラスで取得できたキーワードの総数です。重複は除去されます。

②検索対象の検索エンジン

検索対象とする検索エンジンを選択することができます。選択された検索エンジン全てのデータを同時に取得します。
より多くのキーワードを精査されたい場合は、全てのチェックを入れて取得をしてみましょう。
※チェック内容を更新された場合は、改めて検索ボタンを押す必要があります。

注意
Youtubeのサジェストは出すべき結果がない場合に単語を分解し、無理やりサジェストキーワードを作る場合があります。そのため、実際は検索需要がないような単語も生成されることがあるため、単一キーワード以外での利用はおすすめできません。

③分類タブ

発見されたキーワードを分類するタブです。
クリックすることで各タブに属するキーワードの一覧を表示することができます。

重要

検索されたキーワードの「サジェストキーワード」と「そのサジェストキーワード」です。
最も重要なサジェストキーワードと、その次の層のサジェストキーワードであるため、重要なキーワードとして区分しております。
全体データの中でも、最も注目されるキーワード群です。

その他

検索されたキーワードに様々な続きになる文字を追加して、その結果出現するサジェストキーワードを出力しています。
「重要なキーワード」よりも、深い層にあるためこれらよりも検索需要の小さいキーワードが集まりがちです。
こちらの方が競合の少ないニッチなキーワードが多く含まれている可能性があります。

1語・2語・3語以上

単語数により分類しています。必然的に単語数が増えるほど検索意図が明確であると言えます。
意図が明確でニッチなキーワードであるほどSEOの難易度も低下します。

④コピー・CSVダウンロード

コピー

現在表示されている全てのキーワードを重複を除いてクリップボードにコピーします。

CSV

現在表示されている全てのキーワードを重複を除いてCSV形式でダウンロードします。
表示されている情報に加えて、複数検索エンジンで検索した場合にどの検索エンジンでどの単語がHITしたかなどのデータも取得することができます。
より細かいキーワード分析を行われる際に、詳細データを取り出していただくことができます。

⑤深堀調査:再検索

対象の行のキーワードに対して、サジェストプラスで再検索を行うボタンです。
更に深堀したい場合はこのアイコンをクリックしましょう。

⑥深堀調査:その他機能/外部サイト

対象の行のキーワードに対して、サジェストプラス以外の機能での調査や、外部サイトでの直接検索メニューが表示されます。
より多角的な調査を行うために、これらのメニューをご活用ください。

深堀調査

⑦キーワード

検索対象キーワードに関するサジェストキーワードが表示されます。
キーワードをクリックすると、Googleの検索結果に飛びます。

重要なキーワード」においては、「サジェストキーワード」と「そのサジェストキーワード」が表示されます。サジェストのサジェストはインデント表示されます。

⑧ソートボタン

対象の列の値を基にソートをすることができます。

⑨月間検索数取得


画面上の全キーワードに対して月間検索数の取得を行うためのボタンです。
おおよそ10秒前後(混雑時遅延の可能性あり)でリアルタイムの月間検索数データの取得が行われます。ここで取得された情報は「月間検索数取得」のページからも参照することができます。
取得されたデータはCSVダウンロードにも含まれます。

・サジェストキーワード取得
・月間検索数取得
・CSVダウンロード

と言う流れでご利用いただけます。以下、取得される情報の説明です。

月間検索数

最新の月間検索数が表示されます。月間でどれだけGoogleで検索されるかを示しています。(年平均)
検索数が多いキーワードほど、SEOで上位表示した際に得られるトラフィックが多くなりますが、その分難易度も高い傾向があります。

CPC($)

最新のGoogle検索広告におけるページ上部掲載単価(高額帯)が表示されます。
高いほど広告価値の高いキーワードということになり、SEOで上位表示した際に高い収益性が得られる可能性があります。

競合性

最新のGoogle検索広告における競合性が表示されます。(0~100)
高いほど広告主が争っている収益性の高いキーワードとなり、SEOで上位表示した際に高い収益性が得られる可能性があります。

キャッシュ(データ保持時間)

サジェストプラスは最大24時間結果を保持します。
現在表示されているキーワード情報は最大24時間前のものである可能性があります。

月間検索数のキャッシュ

サジェストプラスの画面上で月間検索数データを取得された場合、その情報は12時間キャッシュされます。
12時間以内の間は、同じキーワード+検索エンジンの組み合わせで検索した場合に同一結果が表示されます。
この期間は新たに検索数取得機能の消費は行われません。