【初心者向け】SEO集客できる記事コンテンツの作り方(フリープラン用)

Google検索結果に上位表示できるキーワードって、どうやって見つければいいんだろう?
アクセスが取れる記事コンテンツの作り方がわからない・・・

とお悩みではありませんか?

当記事ではブログ/サイトを始めたばかりで、記事コンテンツによるSEO集客の最初の第一歩をスタートする方向けに、ラッコキーワード(フリープラン)でできるかんたんなキーワード選定・記事コンテンツの作成方法を紹介しています。

フリープランでも時間をかければ検索上位表示できるキーワードが見つかります。
まずはこの記事を参考に、あなたのサイトで集客できるキーワードを探し、検索エンジンでの上位表示を目指してコンテンツを作ってみましょう!

上位表示できるキーワードの探し方

まずは集客に繋がるキーワードを探しましょう。
初心者でも検索結果で上位表示(検索結果の1ページ目)がしやすい、3語以上のキーワードの探し方を紹介します。

以下のようなキーワードを探します。
「ホタテ 貝殻 割り方」
「ラッコ 福岡県 イベント」
なぜ3語以上のキーワードだと上位表示しやすい?
3語以上のキーワードは検索回数が2語・1語に比べて少ないです。
そのため大手のサイトがそのキーワードに絞って記事を書いていることが少ない=競合が弱いため、初心者でも検索結果で上位表示を狙えます!

記事コンテンツが増えてくることにより、専門性の高いサイトとして検索エンジンに評価されるようになれば、自然と2語以上のキーワードでもランクインするようになってきます。
コツコツと継続的に記事コンテンツを更新することでサイトの価値を高めていきましょう。

①:キーワード候補のリストアップ

まずはサジェストキーワード機能で、自分のサイトの内容と親和性のあるキーワードを検索してみてください。
検索したキーワードと一緒に検索されやすい検索キーワード(サジェストキーワード)が表示されます。

検索キーワード例(福岡の税理士の公式サイトの場合)
・相続税
・確定申告
・ふるさと納税

新しい言葉は狙い目!生まれたばかりのキーワードはまだネット上に情報が少ないため、その分競合が少ないと言えます。
日々のニュースの中から探してみましょう。
ラッコキーワードはニュースや話題の記事を検索することもできます。

①:検索需要が多いと思われるキーワード、②:検索需要が①と比較して少ないと思われるキーワード(名前順)

競合が弱い可能性のある②の中から、自サイトにマッチしそうなキーワードを探しましょう!
最初の検索で3語のキーワードが表示されないときは、2語のキーワードを再検索して3語のキーワードを探しましょう。

掘り下げたいキーワードの再検索ボタンをクリックします。

2語のキーワードを細分化した、3語以上のキーワードが表示されます。

有料プランなら月間検索数が取得できる!
有料プランで使えるサジェストプラス機能を使うと、より多くのキーワード候補を取得しつつ、ワンクリックで月間検索数が取得できます。
「そのキーワードが毎月何回検索されているのか?」が一目でわかるため、アクセスされやすいキーワードがより効率的に見つけられます!

実際に検索されているかどうかがわかるため、「記事コンテンツを作ってもアクセスがない!」
と言うことが起こりにくくなります。
有料プランを使うことで無駄のない効率的なキーワード選定が行えるようになります。

②:記事コンテンツで上位表示ができるかを確認する

キーワードをクリックして検索結果を開き、記事コンテンツで上位表示できるキーワードかをチェックします。

  • OK例:記事コンテンツがGoogleの1ページ目に複数表示されている。(3位以上にランクインしているとなおよし)
  • NG例:公式サイト・ECサイト・データベース型サイト(賃貸情報サイトなど)など、記事コンテンツが1ページ目に表示されていない。

上記の基準を満たすキーワードが見つかったら、記事の作成に移りましょう!
競合サイトの獲得キーワードから探す方法
獲得キーワード調査を使うと、そのサイトがどのページで・どのキーワードで、月間いくつのアクセスを集めているのかが調査できます。
自サイトと似たテーマのサイトを見つけたら、獲得キーワード調査するだけで自サイトでも使えるキーワードを見つけられます。
ライトプラン(月額990円~)ならSEO難易度が低いワードのみに絞り込むことも可能!

上位表示できる記事コンテンツを作成する

キーワードを選べたら、そのキーワードをもとに記事を作っていきましょう。
まずはタイトル・見出しを作成します。

このキーワードを調べる人はどんな悩みを解決したいのだろう?

と想像しながら、その悩みを解決できるコンテンツになるようにタイトル・見出しを作ります。

Googleは独自性のある情報を好みます。
既存の検索結果を参考にしつつ、今検索結果上にない情報をプラスする・新しい切り口で書くなど、独自性のあるコンテンツを作成しましょう!

記事タイトル・記事見出しの草案をAIで作る

AI機能を使うと、実際のGoogle検索結果の情報や上位サイトの情報を参考に、SEOの観点でベターなタイトル・見出し構成を作成できます。
まずこの機能でタイトル・見出しの草案を作りましょう。

STEP.1
記事タイトルを生成する
記事タイトル生成(AI)でキーワードを入力して、タイトル生成をクリックします。
生成されたタイトルの中からこのキーワードを検索する読者が読みたくなるタイトルを選びましょう。
タイトルを決めたら、見出し生成ボタンをクリックしましょう。

参考:記事タイトル生成(AI)の使い方

STEP.2
記事見出しを生成する
記事見出し生成(AI)でSEOターゲットキーワード・選択したタイトルを確認したら見出し生成ボタンをクリックします。
キーワード・タイトル・Google検索結果や上位サイトの情報を参考に、記事見出しの草案が生成されます。
今一つだなと思ったら、「再生成」ボタンを押してみましょう。

参考:記事見出し生成(AI)の使い方

検索上位サイトで使われている見出しを参考に見出しを調整する

見出し抽出機能を使うと、検索キーワードの上位20サイトの見出しを抽出することができます。
ここで競合サイトの内容を参考に、先ほどAI生成により作成した見出しを調整しましょう。

現在上位表示しているサイトは検索読者の悩みを解決できるコンテンツが揃っていると解釈できます。(検索意図を満たしている)
そのため、複数の上位サイトで取り扱っているトピックは読者の満足度を上げるために必要なコンテンツであるため、見出しに加えていきましょう。

参考:見出し抽出ツールの使い方

さらに詳しく上位サイトを分析するには、共起語取得ツールを使ってみましょう。
検索上位の記事でよく使われている単語を把握することができます。

参考:共起語取得ツールの使い方

読者が潜在的に知りたいことを見出しに追加する

潜在的な検索キーワード/質問(LSI/PAA)を使うと、そのキーワードで検索した人が、次に検索したくなる・知りたくなるキーワードを調べることができます。
読者が次に検索したくなる・知りたくなる情報を予め記事に含めておくことで、読者が記事から離脱して再検索せずに疑問を解決できる、満足度の高い記事を作成できます。

参考:潜在的な検索キーワード/質問(LSI/PAA)の使い方

本文を書く

タイトル・見出しが確定したら、本文を執筆して記事化していきます。
読者の悩みを解決でき、Google検索にも評価される本文を作っていきましょう。

STEP.1
見出しごとに本文を書く
読者が悩みを解決できるように本文を書いていきましょう。
本文は、各見出しに必要な情報をしっかりと盛り込んで作成します。

読者がストレスなく読めるように、読みやすさにも配慮が必要です。
 ・そのキーワードでサイトに訪問した読者がわかる用語・文章レベルになっているか?
 ・文章は読みやすいか?
 ・誤字・脱字はないか?
上記をチェックしつつ本文を作ります。

STEP.2
記事を装飾する
本文の執筆が終わったら、画像や文字装飾(太文字・色付き文字・吹き出し)で記事を装飾しましょう。
文字コンテンツが主体の記事でも、適度に画像を挿入するのがおすすめです。

画面いっぱいに文字が並ぶと圧迫感が出て読者が敬遠してしまいますが、画像を挟むことにより文字の圧迫感を軽減することが可能です。

本文中で重要な箇所は太文字・特に重要な箇所は色付き文字を使ったり、難しいところは吹き出しで要約したりすることで、見た目にメリハリがつき、重要なポイントを見つけやすくなります。

装飾を適切に行い、情報量が充実しつつ読みやすさもある記事に仕上げましょう。

STEP.3
推敲する
下書きが完成したら、最初から最後まで読んで推敲しましょう。
記事全体の構成を見て、競合サイトと比べて独自の価値が出せているかをしっかりチェックしてください。
誤字・脱字や情報間違い、読みにくい点がないかも合わせてチェックしましょう。
STEP.4
公開する
推敲が終わったら記事を公開します。
1記事目の公開が終わったら、次の記事の制作を始めましょう。
10記事・50記事・・・とキーワードを意識した専門的な記事を増やしていくことで、Googleの評価が高まり、サイト全体のアクセス・検索順位が向上していきます。
どれくらいの文字数を書けばいいの?
見出し抽出機能を使うと上位サイトの文字数がわかります。
必ずしも競合と同じだけ書く必要はありませんが、平均文字数を一つの基準にしましょう。
文字数を意識しすぎて、読者を置き去りにした読みにくい記事にならないように気を付けましょう。

継続して記事をメンテナンスする

記事公開後も、記事は継続的にメンテナンスを行いましょう。
古くなった情報を新しくしたり、更に記事をよくするために再度記事構成を検討するなど、記事の質を継続的に高めることで、検索順位の向上が狙えます。

まとめ

ラッコキーワード・フリープランでできるキーワードの調査方法を紹介しました。
上位表示できそうなキーワードをコツコツ探してコンテンツを公開していけば、いずれPVも集まるはず!

「もっと効率的にキーワード調査がしたい!」という方は、ぜひ有料プランをご検討ください。
ライトプランを使うと・・・

  • そのキーワードの月間検索数がわかる!
  • 競合サイトが集客できているキーワード・ページがわかる!
  • キーワードのSEO難易度を取得して、上位表示しやすいワードだけ抽出することも可能!

多くの機能が使えるようになり、効率的にたくさんのキーワードが調べられるようになりますよ!

注意事項
本記事の内容は初心者がまず始めてもらえるよう、各セクションをできるだけ簡略化しています。
高い精度のキーワード選定や記事作成のノウハウ提供を目的としていないことをご了承願います。